パルスターフラスによるアジャストの重要性

アジャストとは、直訳しますと「調整」ですが、当院でおこなっている内容に対しては不十分な表現です。なぜなら、脊髄を収めている背骨が硬化して、脊椎の椎間関節がtightしているのです。tightとは硬くなった影響で関節の動きがなくなっているとういことです。硬くなった関節は、周囲の軟部組織(筋・靭帯)をも硬くさせてしまいます。

そうなると、腰痛や肩こり更に、頭痛などの自律神経症状に発展するのです。最も、重大なのは椎間孔といわれる脊椎の穴から脊髄神経が出ていて、五臓六腑に神経を送っているのです。ですから、パルスターフラスにて硬い部を見つけてアジャストする必要があります。

理由は、tightで硬い部となってしまった椎間孔からの神経は神経圧迫を受けます。神経圧迫が始まると脳・脊髄からの神経エネルギーを100%pureな状態で五臓六腑に伝達できなくなります。

そうなると、最初は痛み・シビレなどの運動器疾患を症状としますが、次第に内臓への機能不全を引き起こした病気(内臓疾患)の状態へと発展してしまいます。脊椎にtight硬化の箇所が多ければ多いほど、症状は複雑化してきます。

特に、頚椎部と仙椎部は副交感神経の出力ポイントですから、ここにtight硬化があるとカラダを修復させる神経エネルギーが、限りなく減少していきますから病気が進行してしまいます。

そして、それは同時に、自律神経の乱れを引き起こしてしまうので症状は長引き、慢性化しやすいのです。よって、当院のアジャストをおこなうという事は、単に、(調整)だけではなく神経活性(activate)を起こさせ、カラダを修復させる力を引き出し更に、自律神経を安定させることを念頭におこなっているという訳です。


慢性症状の原因は、自律神経の乱れによる!!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

Pulstar Fras(パルスターフラス)とは!?
「Pulstar Fras(パルスターフラス)」と呼ばれるコンピューターは、脊椎......
自律神経失調症への治療について
Pulstar Frus(パルスターフラス)を使ったアジャスト(調整)は、患者様......
パルスターフラス体験者の声(症例報告)
Y・Tさん(25歳男性)大阪市 ・・・パニック障害で薬を数年飲んでいたが、全く......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

自律神経失調症の治療:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.pulstar-okuda.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。